コーデのマンネリ解消!ビビッドカラーの上手な取り入れ方

黒やグレー、ブラウンなど、ほかに合わせるアイテムの色味を選ばないベーシックカラーは手持ちアイテムの定番。しかし、気づけば地味色ばかりの洋服を選んでいませんか?

夏らしいビビットカラーを一点取り入れるだけで、コーデ全体が華やかになりグッとお洒落さが増すんです。今回は、普段のコーデに上手にビビットカラーを取り入れるコツを紹介します♪

顔から離して取り入れる


出展元:bloglovin

肌の色によって似合う色・似合わない色は変わります。鮮やかなビビットカラーですが、場合によっては肌の色がくすんで見えてしまうことも。そんな失敗を避けるためには、顔から離した位置に色モノを取り入れるのが正解です。

カラーパンツやフレアスカートなど、ボトムスで色を加えましょう。トップスとシューズの色を地味色でそろえると統一感がでますよ。夏らしいボーダートップスもおすすめです。

ビタミンカラーには白orデニムがぴったり!

オレンジ、グリーン、イエローなどの元気なビタミンカラーは、黒より白コーデに取り入れるとヌケ感が出て優しい印象に。また、インディゴのデニムに加えればデニムスタイルでも上品な印象に仕上がります。

ビタミンカラーは子どもっぽく見られがちな色なので、合わせる素材はシルクなどの光沢感のあるものをチョイス。同系色のアクセサリーをポイントで取り入れるのも色を浮かせないコツです。

オフィスカジュアルにはリネン素材のシャツで

オフィスコーデにもビビットカラーで華やかさを取り入れたいときは、リネンやコットンなど柔らか素材のシャツが○。

素材のナチュラルさが色味の派手さを抑えてくれ、ビビットカラーでも“きちんと感”をしっかり出してくれます。素材のゆるっとしたシルエットを活かすように、ボトムスはタイトなものを選びましょう。

迷ったときにおすすめの組み合わせ方


出展元:babble

知的な印象を与えたいときは、イエロー×ネイビーの組み合わせがおすすめです。イエローのワンピースにネイビーのバッグなど、主張が強いイエローの派手さをネイビーがうまく中和してくれますよ。

また、今流行のアースカラーには断然ピンクがぴったり!カーキやグレー、ブラウンなどのくすみ色に一点投入することで女性らしさを加えてくれます。ニットトップスやマットネイルなどで取り入れるのが正解。

いかがでしたか?マンネリしがちなコーデも、一点華やかな色味を加えるだけで新鮮な印象に変わります。上手にビビットカラーを取り入れて夏らしいオシャレを楽しんでみてくださいね。

トップ画像出展元:STUDIO DIY

プチプラでビビットカラーパンツに挑戦!詳細はこちらから↓

【メール便送料無料♪】 スキニー 春夏 10分丈 7分丈 XS S M L XL XXL [pt-017]

価格:1,382円
(2016/7/26 19:49時点)
感想(161件)

【このコラムを書いた人】

Kie

「女性の美しさは内面から出てくるもの」をキーワードに、美容法のみならずカルチャーやライフスタイルなど、さまざまな情報を発信する美容ライター。好きなものは70~80年代の映画女優、エスニック料理、ボルダリング

コメントを残す