シンプルなのに良い女度アップ♡テイラー・スウィフトのヘアアレンジ集

お洒落番長としてセレブ界で名高いテイラー。甘すぎないフェミニンな着こなしから、シンプルカジュアルな着こなしまで、一般の人でも真似できそうなスタイリング術はお手本になります。

そんな庶民の味方(?)なテイラーですが、ヘアアレンジもとっても上手!今回は自分で簡単にできそうな、テイラーの簡単ヘアアレンジを見てみたいと思います。

 

目の上ギリギリの「うざバング」が基本!

テイラーヘアといえば、きりっとした目元が引き立つような、目の上ギリギリまで伸ばした前髪が特徴的ですよね。目元を強調して見せてくれるので、目が小さい方や顔の印象がぼんやりしがちな人におすすめです。

これくらいの長さの「うざバング」を保つには、こまめなメンテナンスが必要!またカットの際は、横幅を広く取りすぎず、フェイスラインに自然に流れるよう切ってもらいましょう。

 

特別な日には縦巻きヘアで華やかに

縦巻きヘア×囲みメイクの組み合わせはテイラーの得意技。太めのコテを使用し、ざっくりと巻いていくのがコツです。巻き終えたらカール部分を縦に割くようにほぐし、ささっとスプレーしておきましょう。

縦巻きにしても甘くなりすぎず、華やかでクールな印象を与えることができるのは、肩下くらいの長さのショートヘアだからこそ!トップにボリュームを持たせることも垢抜け感を持たせるポイントです。

 

大胆なオールバック風ヘア

去年のエルアワードの時のテイラーは、いつものうざバングヘアから一転、大胆なオールバックヘアで話題になりましたね。2:8の割合で前髪を横に長し、ワックスで固めてそのまま耳にかければ完成です。

前髪以外の髪の毛はウエットにしすぎず、固めた前髪を少しだけ立たせるのがコツ。前髪が短すぎる方はバードワックスやポマードを使用するとまとまりやすくなります。

 

顔周りの毛先カールだけ!で良い女度アップ

ワンパターンになりがちなショートボブ~ロブヘアには、前髪と顔周りの毛をカールさせて、動きがあるように見せるスタイリングがおすすめです。

特に前髪は毛先にコテをあてて、外向きに緩やかなカールをつけましょう。

顔周りの毛も同様に、毛先のみ動きがでるようにほんの少し巻けばOK。このひと手間を加えるだけで簡単に良い女度がアップしちゃいます!

 

第58回グラミー賞でアルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得したテイラーのアルバム「1989」はこちらから→

1989 (Deluxe) – テイラー・スウィフト

Photos Via: Refinery 29

【このコラムを書いた人】

Kie

「女性の美しさは内面から出てくるもの」をキーワードに、美容法のみならずカルチャーやライフスタイルなど、さまざまな情報を発信する美容ライター。好きなものは70~80年代の映画女優、エスニック料理、ボルダリング

コメントを残す