ストレス過多に注意!ストレスが引き起こす症状と注意点5つ

日常で当たり前のように使っている言葉”ストレス”。ストレスと聞くとネガティブなイメージを持つかもしれませんが、ストレスという言葉は多くの意味を持っているんです。

まず、ストレスには”肉体的なストレス”と”精神的なストレス”があります。例えば肉体的なストレスは「暑い、寒いなどの環境的ストレス」や「夜更かし」などの不規則な生活もストレスを表します。

そして精神的なストレスには「仕事や家庭、学校」などによる社会的なストレスのことを意味します。

しかしながら、これらすべての”ストレス”は決して悪いものだけではありません。ある程度のストレスは自身を成長させるために必要である場合もあるのです。

ストレスは上手に付き合っていくことが可能なもの。しかし現代ではそれが苦手な人も多くいます。今回はストレス過多で起こる症状と、その注意点や対策を紹介します。これらの症状が起きている人はストレス溜めすぎかも?

1: 胃の不調

脳と腸には深い関係性があり、ストレスを受けることで自律神経に大きな影響を与え、その結果、胸焼けや胃もたれなどの不調を引き起こし、さらには胃痛や過敏性腸症候群などの原因にもなることがあるのです。

注意点:ストレスが落ち着けば自然と良くなってくるものの、胃腸が敏感になっているので刺激のある食べ物やお酒、タバコは控えましょう。症状がひどい場合には病院に。

2: 肌荒れ

突然の失恋で肌荒れに悩んだ経験はありませんか?ストレスホルモンが皮脂腺を刺激し過剰な皮脂を分泌します。これによりニキビが増えたり、お肌の炎症を引き起こすのです。

注意点:お肌の荒れはそのままにしてはいけません。クレイパックでお肌を落ち着かせ、過剰なオイルを取り除きましょう。

3: 生理不順

妊娠はストレスを抱えている時には危険な可能性があります。ストレスを抱えている時、体内では女性ホルモンを抑制し、排卵を遅らせ、体を守るためのストレスホルモンに変わるのです。

注意点:3ヶ月などの長期間に渡っても生理が来ない場合は、婦人科へ。

4: 食欲増加

ストレスを抱えていると、何か無性に食べたくなったり、口寂しくてついついお菓子に手が伸びてしまいます。これは糖分が脳を活性化させ、幸せを感じさせてくれることで実際にストレスを下げてくれることにあります。しかしながら過剰なまでの糖分摂取は体に悪影響です。

対策:ダークチョコレートを少量つまむ。実験でストレスを抱えている女性たちに30g程度のダークチョコレートを毎日摂取させたところ、ストレスレベルが減少したとのこと。

5: 体の痛み

デスクに向かいながら考え事をしていたらあっという間に時間が経過。ずと同じ座り方でいたら腰もつらくなるし肩だって凝ってきてしまいます。また、不安や心配、緊張などのストレスはこれらの症状を悪化させる原因に。

対策:仕事が行き詰ったりしたら、一度手を止めて3分ほど生き抜きしましょう。一度ストレスになっている事柄から気を離して、リフレッシュすることでストレスが極限まで溜まるのを防ぎます。

ストレスを溜め込むといろんな悪影響があるんですね。皆さんも自分のストレス解消法をしっかりと見つけておきましょう。

コメントを残す