甘いのに低カロリー!話題のロースイーツってどんなお菓子?

アメリカでブームとなった「ローフード」をご存じですか?食材をできるだけ生(Raw)の状態で食べる食生活のことですが、その派生で「ロースイーツ」なるものも登場したのです。

お肉まで生で食べるようなローフードはちょっと難しいけど、ロースイーツなら簡単に取り入れられそうじゃないですか?ということで、ロースイーツの基本やレシピについて調べてみました!

ロースイーツの基本

ロースイーツの基本はなんといっても、火を使わない=調理しないこと!そして、卵・乳製品・砂糖・小麦粉といったお菓子作りの原料を使用しないこともポイントです。

このように今までのスイーツの常識を覆すものでありながら、見た目、味ともに普通のスイーツと大差がないというから驚き。

アレルギーがある方やベジタリアンの方、ダイエット中の方でも甘いものを楽しむことができるんですよ。

Designed by Freepik

 

生で食材を食べることのメリット

そもそも、食材を調理せず「生」で食すことにはどんなメリットがあるのでしょうか。まず、食材に含まれる栄養度を壊さずに摂取できるという点があげられます。

特に、ダイエットや美容に欠かせない「酵素」は熱に弱く、調理の過程で失われてしまうことが多くあります。しかしロースイーツなら、酵素を壊さずに身体に取り入れられるというわけ。

酵素は新陳代謝や消化作用、さらにはアンチエイジングにも効果がある栄養素なので、しっかり取り入れておきたいですよね!

 

おうちで簡単ロースイーツレシピ

ロースイーツって、なんだか作るのが難しいように感じますが、実はとっても簡単。基本は混ぜる、固める、漬け込むという作業だけですので、専門的な知識はそれほど必要ないのです。自宅でも簡単にできるレシピは以下の通り♪

■チョコバナナケーキ

  1. バナナ、カカオパウダー、ココナッツオイルをミキサーにかけ液状にします。ココナッツオイルが溶けないときは湯せんして溶かしましょう。
  2. ラップを敷いたお皿の上にセルクルを置き、その中に流し込みます。
  3. 冷蔵庫で30分ほど寝かせば完成!お好みでナッツやココナッツパウダーを振りかけてもおいしく頂けます。

バナナの食物繊維とカカオのポリフェノールで腸をスッキリ保つ効果あり!

 

■チーズ不使用のチーズ風ケーキ

  1. チーズになる部分には、カシューナッツ(生のもの)、ココナツオイル、レモン汁、アガベシロップを混ぜたものを使用します。
  2. 下にひくタルト部分は、アーモンド、デーツ、ココナッツフレークを細かい粒子状になるまでつぶしたものを、容器の底にぎゅっと押し詰めて作ります。
  3. 下部分のクッキー生地の上に、チーズ部分になる生地を流し込めば完成。ほんのり甘酸っぱい味わいはチーズケーキを彷彿とさせます。

バランス良く含まれたナッツの栄養素、レモンやココナッツのビタミンCでお肌を活き活きとさせてくれますよ♪

いざ食生活を変えようと思っても、すぐにローフードを始めるのはハードルが高いですよね。その点、スイーツだけロースイーツに変えるのは案外簡単にできそうです。レシピもとっても簡単なので、早速始めてみてはいかがでしょうか?

Photos Via(トップ画像):http://thelane.com/style-guide/style-elements/cakes/raw-cakes

【このコラムを書いた人】

Kie

「女性の美しさは内面から出てくるもの」をキーワードに、美容法のみならずカルチャーやライフスタイルなど、さまざまな情報を発信する美容ライター。好きなものは70~80年代の映画女優、エスニック料理、ボルダリング

コメントを残す