レイブでポップ!人気モデルも多数マークジェイコブスNYランウェイ

マークジェイコブス(Marc Jacobs)2017年春夏コレクションがニューヨークファッションウィーク中に発表されました。

前コレクションではゾンビメイク、モデルがすっぴんで登場したコレクションも過去にはあり、いつも個性的でユニークなマークジェイコブスのファッションショー。

2017年春夏コレクションではナイトクラブをイメージさせる会場に、レイボーカラーのドレッドヘア、20cmほどの厚底シューズを履いたモデルたちが次々に登場し、期待を裏切らないインパクトを与えてくれました。

関連記事:マーク・ジェイコブス2016年秋冬ファッションショーのメイクが怖すぎる

「レイブ」をテーマに掲げ、メタリックパンツやレザージャケットなど辛口アイテムがメインで披露される中、デニムやスウェットのカジュアル、レースやフリルワンピースの甘めアイテムもあるオールミックスな楽しいコレクションでした。

marc-jacobs-ss172
また(この記事の上のから順に)、カーリー・クロス(Karlie Kloss)、アドリアナ・リマ(Adriana Lima)、ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)、ジジ・ハディッド(Gigi Hadid)、イリーナ・シェイク(Irina Shayk)など、第一線で活躍する売れっ子スーパーモデルや注目ITモデルが多く起用され、モデルをチェックする上でも楽しめるマークジェイコブスのファッションショーです。

他にもジョーダン・ダン(Jourdan Dunn)、ベラ・ハディッド(Bella Hadid)、ステラ・マックスウェル(Stella Maxwell)、テイラー・ヒル(Taylor Hill)、ジュリア・ノビス(Julia Nobis)、そして日本人モデルの福士リナなど多くの人気モデルがランウェイを歩きました。

 

marc-jacobs-ss173

marc-jacobs-ss174

marc-jacobs-ss175

Source: Designscene

コメントを残す