クロエ・カーダシアンがイメチェン!健康美を作る秘訣とは

ハリウッド界1のお騒がせセレブ一家と言っても過言ではないカーダシアン家。カーダシアン家の女性たちはみんな「セクシーでグラマー」なイメージですよね。

そんな中、クロエ・カーダシアン(Khloe Kardashian)が雑誌「ハーパーズ・バザー」誌で今までとは違う一面を見せてくれました!

最小限のメイク、自然体を感じられるスタイリングに

クロエといえば、姉のキムに負けず劣らずの豊満な体つき(加えてピチピチのボディコンファッション)、しっかりめのシェーディングにばっちりマスカラの派手なメイク…というイメージでしたが、バザー誌で見せた彼女の姿は今までと全く違うものでした。

ヌーディーなナチュラルメイクに、身体のラインをはっきり見せないゆるやかなシルエットのスタイリング。

そして、雰囲気がガラリと変わったことにはメイクやファッション以外にもう一つ理由が!それは15キロのダイエットに成功したことによる身体つきの変化です。

 

どんなダイエット方法を行ったの?

まずクロエが行ったのは、大好きな乳製品をやめること。

そして、今まで多くのセレブのトレーナーを務めてきたグンナーピーターソンを専属トレーナーにつけ、週5でジム通い!こう聞くと、ハードなトレーニング以外に特別なことはしてないという印象を受けますが、クロエいわく「どうやってトレーニングに対するモチベーションを保つかが大切」なんだとか。

グンナーの「トレーニングを続けるためには、自分の好きなメニューを見つけて、それを続ければいい」というアドバイスをもとに、カーディオ、自重トレーニング、ボクシングなどお気に入りのトレーニング方法を集中的に実践していたそう。

 

「痩せてハッピー」だけじゃない?クロエが語る過去

見事半年足らずで大幅な減量に成功し、世間から注目を浴びたクロエ。バザー誌では今までと違う一面を見せ、みんながクロエのイメチェンぶりに驚いたことでしょう。

自身のエクササイズについての本も出し、普通なら、「ダイエットに成功してハッピーよ!」と嬉しがるところ。しかし、そう終わらないのがカーダシアン家の女性!

クロエは今まで自分の体型について、スタイリストから「あなたと一緒に仕事はできない」と言われたことや、撮影現場に行ったら服がなかったことを明かしました。

その上で「太りすぎていると言われるたびに傷ついてきた。減量したことで急に手のひらを返し、一緒に仕事したいとオファーするスタイリストもいた。けど彼らの仕事を受けることは絶対にないし、『くそったれ!』って感じよ」とコメント。

最後にしっかり噛みつくところがクロエらしいですね。ファッションモデルの「痩せすぎ」問題はここ数年話題になっています。このクロエの言葉も、少なからず「痩せている=美しい」というモデル界のメインストリームに影響してくれることを願います!

Photos Via:Dailymail UK

【このコラムを書いた人】

Kie

「女性の美しさは内面から出てくるもの」をキーワードに、美容法のみならずカルチャーやライフスタイルなど、さまざまな情報を発信する美容ライター。好きなものは70~80年代の映画女優、エスニック料理、ボルダリング

コメントを残す