モードなケンダル・ジェンナーが最新ヴォーグジャパン表紙に登場

最も権威あると言われるファッション誌アメリカ版ヴォーグの最も重要な9月号(セプテンバーイシュー)、2016年カバーガールにモデルのケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)が起用されたことはお伝えしました。

その年の人気実力とも旬なトップモデルを知るバロメーターになり、ファッション関係者が注目するカバーガール。もちろん今回のケンダル起用も多くのメディアがフューチャーしていました。

そしてヴォーグUS9月号から間を開けることなく、今度はヴォーグジャパン10月号の表紙を飾ったケンダル・ジェンナー。
「ケンダルが連続でVogue表紙に!」とまたまた話題となっています。

ダークなバーガンディ色リップが印象的な秋らしいメイクに、バレンシアガのライダースジャケットを着こなしたモードな表紙です。

kendall-jenner-Vogue-Japan4
ただ、この深みのあるメイクにびっしり三つ編みヘアの感じが映画「アダムスファミリー」みたい、なんて声も。。。

こんな雰囲気のケンダルって貴重かも?!

すっかり秋冬モードなエディトリアルもここ数枚紹介します。

 

kendall-jenner-Vogue-Japan2

kendall-jenner-Vogue-Japan3
モデルの中ではインスタグラムフォロワー数がダントツNo.1、有名ブランドのファッションショーや広告キャンペーン、ファッション雑誌へのオファーが途切れることがなく大活躍中。

シンディ・クロフォード、ナオミ・キャンベルといった80年代に活躍した元祖スーパーモデルとはスタイルは違えど、間違いなく現代のスーパーモデルとなったケンダル・ジェンナー。

ケンダルについてもっと知りたいのなら、ヴォーグジャパン10月号を要チェックです!
コチラ↓

モデル:ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)
フォトグラファー:Luigi and Iango
スタイリング:Anna Dello Russo

コメントを残す