ロイヤルファミリーの象徴!キャサリン妃の高貴なヘッドハット5選

ハット=帽子なのに、もはや帽子の役目は果たしておらず、単なるアクセサリーであるヘッドハット(ヘッドピース)

ロイヤルファミリーやセレブの象徴であるイメージが強いのは、中世ヨーロッパ舞台にした歴史映画で、女性たちがゴージャスなドレスにヘッドハットをまとった光景がお馴染みだからでしょうか?!

ティアラや花飾りなどのヘッドアクセサリーは、ウェディングドレスを着る時?仮装パーティ?などでは身に着ける機会があるかもしれません。
ですが、このイギリス王室キャサリン妃のようなヘッドハットは、日本の一般市民にとって、よほどの機会でないと着ける機会はないかもしれません。

Kate-headpiece2
こちらはイギリス王室主催の競馬開催ロイヤルアスコットの時に撮られたスナップです。
セレブの中のセレブ、キャサリン妃は現在ヘッドピースが最も似合う1人として認識して間違いありません。

公式行事の中でも、特に伝統あり各式高いイベントには、ワンピースに合わせた上品なヘッドハットやヘッドアクセサリーを身につけて参加することが多いようです。

ヘッドハットを着けるだけで、高級感と上品さがより一層増し、ロイヤルファミリーオーラが漂っています。

 

Kate-headpiece1

Kate-headpiece4

Kate-headpiece5

いつも上品で美しいキャサリン妃だからこそ、どんなヘッドハットもよくお似合いです。

Photo via : http://www.glamourmagazine.co.uk

コメントを残す