テクノロジーと90年代ツイードで魅せるシャネルの最新パリコレ

ファッションの帝王と呼ばれるカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)がデザイナーを務めるシャネル2017年春コレクションがフランス・パリで開催されました。

ショー会場のセッティングや出演モデルのヘアメイクなど、毎回斬新な演出で観客を魅了してきたシャネルの新作発表会。
テクノロジーがテーマとなった今回のショーでは、歴史的建物がITデータセンターに早変わりし、ツイッターでは #chaneldatacenter (シャネルデータセンター)のハッシュタグが登場。

テクノロジーは会場だけではなく、まさかのツイードスーツを着たロボット2人がオープニングを飾りました。

chanel-ss2017-collection1

ロボットの後には毎コレクションで発表され、シャネルの代名詞とも言えるツイードのオンパレード。

90年代を感じるどこかレトロでカラフルなデザインのツイードジャケット、ツイードスカートが次々に披露され、シャネルの高級ツイードスーツに憧れる女性には感激なコレクション内容。

テクノロジーと90年代が融合した斬新なショーは、多くの海外ファッションメディアが取り上げていて、注目度の高さがうかがえました。

 

chanel-ss2017-collection

chanel-ss2017-collection4

chanel-ss2017-collection5

Photo: Popsugar

コメントを残す