ぷりっと上がったお尻に!欧米で話題のスクワットチャレンジ

キム・カーダシアンのようなボリューミーなヒップ…とまではいかずとも、キュっと上に上がったセクシーなお尻は女性から見ても素敵ですよね。

そんなセクシーなお尻を目指すべく、欧米で流行しているのが「スクワットチャレンジ」。30日間、決まった回数スクワットをするというシンプルな方法なんですが、とにかくビフォー&アフターの違いがすごい!

気になるスクワットチャレンジの方法や、注意点なども含めて紹介したいと思います。

 

下半身を引き締めるにはスクワットが一番効果的!

画像元:Popsugar

「squat(スクワット)」の意味はご存知の通り、「しゃがむ」ということ。一切運動器具を使わないシンプルで定番の筋トレ法です。

スクワットというと、なんとなく下半身のみに効果がありそうに思われますが、実は腹筋や背筋を鍛えることもできるかなり効率の良い運動なんですよ。

メディカルトレーナーの松村進さんによると、「体重を支えてしゃがむ動作+立ち上がる動作を繰り返すと、大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングスといったアウターの筋肉をはじめ、下半身すべての大小の筋肉群が総動員される。当然、消費エネルギーも大きく、下半身の筋肉群を鍛えて3割筋肉量を増やせば、基礎代謝にも大きく影響する。」とのこと!

 

30日続けるだけ!スクワットチャレンジの具体的な方法

人によってプログラムはさまざまですが、基本的には1日~3日間スクワットを行い、翌日一日休憩をはさみ、再度行うというもの。

初めは50回を目標に、一日ごとに5回づつ増やしていき、最終的には一日で250回を目標にするというものです。外国メディアでは、基本のスクワットチャレンジに色々な動きを取り入れたトレーニングメニューを紹介しているので、自分に合ったものを見つけてみましょう。

またインスタグラムで「#squatchallenge」のタグをつけて検索すると、セクシーなお尻とともに(笑)、ビフォーアフターの写真やスクワットの動画がたくさん出てきます♪

 

正しいスクワットをしないと足腰を痛める危険も


画像元:Popsugar

体の多くの筋肉を鍛えるスクワットですが、ただし方法で行わないと効果が出ないうえ、足腰を痛めてしまう可能性もあるんです。スクワットを行う上で注意したいところは、

・つま先より膝が前に出ないよう揃える

・背中は自然に反る

・お尻は膝くらい下に落とす

脚は腰幅くらいに開き、つまさきは若干外を向けると○。チャレンジ始めは鏡の前で行い、正しいフォームを身に着けると良いでしょう。

綺麗なヒップライン、上向きのお尻になれば脚長効果も期待でき、デニムやボディコンワンピも素敵に着こなせます♡30日間スクワットチャレンジで、憧れの欧米体系を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

アメリカ女子やセレブが愛用するフィットネスウェアでまずは形から♪↓

トップ画像参照元:fashionising

【このコラムを書いた人】

Kie

「女性の美しさは内面から出てくるもの」をキーワードに、美容法のみならずカルチャーやライフスタイルなど、さまざまな情報を発信する美容ライター。好きなものは70~80年代の映画女優、エスニック料理、ボルダリング

コメントを残す